宅配プリントは、お客様が作成された本、冊子のデータを驚きの価格で上質な印刷製本をいたします。

ホーム > 印刷原稿・データ > photoshopデータ作成の注意点

Photoshopデータ作成の注意点

資料請求はこちら
「本のつくり方がわかる本」進呈

Photoshopの注意事項は6点あります。以下事項をご確認の上、入稿をお願い致します。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

※注意事項をクリックすると、詳しい解説をご覧いただけます。

複数のレイヤーに分かれている場合は、出力エラーが生じることがありますので、1つに統合してください。統合することによって様々なエラーから回避されます。例えば、フォントは画像化され、文字化けを防ぐことができます。

保存形式がpsdやjpegなどの場合は作業ができません。【eps】で保存してください。

2ページ以上入れたり、見開きで作成されますと作業ができませんので、1ファイルを1ページとしてください。

【原寸で360dpi】といいますのは、例えば100×150mmサイズの画像を使用する時に、【100×150mmサイズで解像度が360dpiになっている状態】を指します。【50×75mmサイズで解像度が360dpiになっている画像】を実際には100×150mmのサイズで使用したいからといって2倍に拡大しますと、解像度は180dpiに落ちてしまいます。180dpiでも印刷は可能ですが、360dpiの画像に比べますと画質は荒くなります。

例えば、A4サイズの本を作るとき時に、A4より大きい用紙に印刷してA4サイズに断裁しますが、印刷や断裁時の僅かなズレによって、用紙と柄に隙間が生じます。
隙間なく印刷するには、A4より周囲3mm柄を大きくする必要があり、その部分を【塗り足し】といいます。塗り足しが無い部分は隙間が生じます。隙間の有無や幅は、冊子や辺ごとにランダムになります。

塗り足しのイメージ図

塗り足しの付け方

【ご案内事項2】で作成頂きました【仕上がりサイズ+6mmの枠】いっぱいに、用紙の端まで印刷されたい柄を入れてください。少しでも枠からはみ出し・不足のないようにお願いします。

塗り足しの付け方

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話番号
(フリーダイヤル)
0120-06-1917
FAX06-6975-0809
メールアドレスinfo@takuhaiprint.com