宅配プリントは、お客様が作成された本、冊子のデータを驚きの価格で上質な印刷製本をいたします。

ホーム > 印刷原稿・データ > AcrobatPDFデータ作成の注意点

AcrobatPDFデータ作成の注意点

AcrobatPDFの注意事項は6点あります。以下事項をご確認の上、入稿をお願い致します。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

※注意事項をクリックすると、詳しい解説をご覧いただけます。

文字飾りを使用した場合、文字が二重になる等の不具合が生じます。
フォント自体が太いものや、斜体になっているものをご使用ください。

元のデータをWORDやEXCELなどで作成されている場合、重なった柄がすけてみえるようになる【透過性】【半透明】という機能があり、画面上では正常に見えますが、印刷時に正しく描画処理できないため、透過されなかったり、印刷ごとに異なった模様になる等の不具合が生じます。

フォントが埋め込まれていない場合、文字化けや抜けなどが生じます。フォントを埋め込むタイミングは、WORDなどからPDFに変換するときです。変換ソフト側の設定になりますので、ご使用の変換ソフトにてフォントの埋め込み方法をご確認ください。

MacOSXでWORDなどからPDFに変換する時にはいくつかの方法があります。このうち【Save as Adobe PDF】をご使用ください。これ以外の項目で変換されたPDFは、印刷時にエラーが生じ、印刷できません。

見開きや袋綴じで作成れているデータの場合は作業ができません。別の方が作成した等の理由で単ページにすることが難しい場合は、弊社のほうで単ページに修正することができる場合もございますので、一度ご相談ください(有料)。

例えば、A4サイズの本を作るとき時に、A4より大きい用紙に印刷してA4サイズに断裁しますが、印刷や断裁時の僅かなズレによって、用紙と柄に隙間が生じます。
隙間なく印刷するには、A4より周囲3mm柄を大きくする必要があり、その部分を【塗り足し】といいます。塗り足しが無い部分は隙間が生じます。隙間の有無や幅は、冊子や辺ごとにランダムになります。

塗り足しのイメージ図

塗り足しの付け方

【ご案内事項2】で作成頂きました【仕上がりサイズ+6mmの枠】いっぱいに、用紙の端まで印刷されたい柄を入れてください。少しでも枠からはみ出し・不足のないようにお願いします。

塗り足しの付け方

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話番号
(フリーダイヤル)
0120-06-1917
FAX06-6975-0809
メールアドレスinfo@takuhaiprint.com