宅配プリントは、お客様のデータを元に、必要部数を印刷製本。 原稿より制作編集も。

ホーム > 印刷原稿・データ > InDesignデータ作成の注意点

InDesignデータ作成の注意点

InDesignの注意事項は5点あります。以下事項をご確認の上、入稿をお願い致します。
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

※注意事項をクリックすると、詳しい解説をご覧いただけます。

ご使用のフォントが弊社にある場合でも、アウトライン化されてないフォントは文字化けや文字詰めの崩れ等が生じます。フォントはすべてのアウトライン化してください。

アウトライン化の方法

※バージョンによっては【グラフィック化】という表現になっています。

不要な柄を【隠す】機能や【レイヤーの非表示】などで設定されましても、画面上で見えないだけで印刷されてしまいます。不要な柄は完全に削除してください。

【埋め込み】で配置している画像ファイルは入稿頂いただく必要はございません。

作業をできるだけ迅速に進行させて頂くためですが、ご都合が悪い場合は、フォルダ分けをしていただいても問題ございまんせん。

例えば、A4サイズの本を作るとき時に、A4より大きい用紙に印刷してA4サイズに断裁しますが、印刷や断裁時の僅かなズレによって、用紙と柄に隙間が生じます。
隙間なく印刷するには、A4より周囲3mm柄を大きくする必要があり、その部分を【塗り足し】といいます。塗り足しが無い部分は隙間が生じます。隙間の有無や幅は、冊子や辺ごとにランダムになります。

塗り足しのイメージ図

塗り足しの付け方

【ご案内事項2】で作成頂きました【仕上がりサイズ+6mmの枠】いっぱいに、用紙の端まで印刷されたい柄を入れてください。少しでも枠からはみ出し・不足のないようにお願いします。

塗り足しの付け方

ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

電話番号
(フリーダイヤル)
0120-06-1917
FAX06-6975-0809
メールアドレスinfo@takuhaiprint.com